2008年05月09日

梅田ロフトにて購入

梅田ロフトで良いのがありました。

いきなり取り付けた写真ですが・・・。↓

デスクの照明.jpg

21000円でした。

施工にあたり取り付け位置を決め、天井に穴をあけます。

天井穴.jpg

電動ドリルで穴を開けましたが、けっこう新しい天井に穴を開けるのは勇気がいります。

電動ドリルまず小さい穴を開け、その後は手でリマーを使い徐々に穴を広げる方法にしました。

で、天井裏のコンセントから電源コードを引っ張ります。

電源コードは単線の物を使います。ソケットなどは単線に対応しています。(単線を押し込んで固定する)

で、取り付けると、こんな感じ。

デスク上照明OFF.jpg

照明をつけるとこんな感じです。

デスク上照明ON.jpg

まずまずではないでしょうか?

照明選び、梅田へ・・・

大阪の日本橋へ行くとヤマギワなど照明専門店があります。

ですがここへ行っちゃうと、商品が多すぎて選ぶのに時間がかかりそうです。また方向性自体を根本から見直すはめになるか知れません。

案ずるより産むが易し、ある程度の方向性が決まっていれば、勢いで買うのも買い物の醍醐味です。

梅田のロフトに行くことにしました。

その前に無意識にヨドバシカメラに立ち寄ってしまったんですが(笑)
そこで、運命的な出会いがありました。

それは火災警報器です。

消防法の一部改正により、新たに家を建てるときは、平成18年6月1日から、また現在住んでいる住宅は、平成23年5月31日までに設置が必要になります。〔ただし設置をしないことによる罰則はありません〕

皆さん知ってました?

これは神様からのメッセージに違いありません!「買っておきなさいよ」
そう心の中で声が聞こえました。(嘘)

天井はすっきりさせたかったんですが、すでにモールがありますし、そう考えると「買え!」と言う一連の流れなのかも知れません。(もういいって!?)

で、購入いたしました。

警報機.jpg

4480円でした。電池がリチウムで約10年持ちます。

ちなみにその時、私は46歳です・・・。あまり考えたくないほど長持ちです。(笑)

IKEAに行ってみる

最近ネットでのお買い物が増えてきた私ですが、質感・大きさなど気になる商品はやはり実物を見ない事には、あとで後悔するかもしれません。

3週間ほど前、神戸にIKEAができたので、照明・ベッドを見に行こうとでかけたのですが、店内入場が規制されていて、店トな内に入るのに3時間待ちでした。

そとは長蛇の列です。最後尾、歩道橋にまで人が・・・。

イケア.jpg

日本人の執念でしょうか?

私は並ぶのが嫌で退散することにしました。

並んで待つストレスと、その時間を労働と考えると割りにあいません。

派遣で4年ほど働いていたので、自分の拘束時間を時給換算する癖がついてしまっている私です。(^_^.)

ちなみにIKEAはネット通販は取り扱っていません。実際に商品を見てか買ってもらうのが、その理由みたいです。

低価格で良いものを!が、うりですから、梱包する人間のコスト分、商品が高くなるを嫌っているのでしょう。

今回、三宮の駅からすぐの所から、IKEAの無料送迎バスが出ており、それを利用して、IKEAまで行きました。

バス停もすごい人で列をなしてる為、警備委員のおっちゃんがバス停にいて、人員整理などしてたんですが、「今から行っても3時間待ちですよ!」的なアナウンスがあっても良かったのでは?と思います。

大阪からわざわざ出向いてるのに、少々落胆しました。


 

照明増設の下準備

部屋中央の照明は、電球色のパルックボール(蛍光灯)を使っています。

値段は高いですが、電気代が安くし、長寿命です。

電球色を採用したのは、ちょっとムーディーにしたかったからです。


3灯タイプなので、それなりに明るいですが、蛍光灯の色に慣れているのと、傘のせいもあるかもしれませんが、蛍光灯色にくらべやや暗いです。

パソコンで作業する時、少々暗く、手元を照らす照明が必要だと思いました。そこで照明の増設を考えてみます。

まず初めに思い浮かんだのが、天井埋め込みのダウンライトです。

余談ですが、今ちょうど携わっている現場が、神戸の高層マンションなんですが、高層階のお金持ち?のオーナーさんはシーリング照明を取り止め、ダウンライトにされているケースが多いです。

やはりシンプルですし、天井がすっきりして、なんともリッチな感じが演出できますもんね。

あと壁の上を、L字に造作して間接照明を仕込む方もいます。ここまでくるとちょっとした、ホームバーです。

ですが、費用が掛かるのと、手元までの距離が有りすぎるのではと思い、わたしは、最近流行り?のシーリングに取り付けるタイプのダウンライトを取り付けようと思いました。(左右、横にポールが伸びていて、そこにダウンライトがくっついている奴)

ダクトレールを直接天井に取り付ける事も考えましたが、あまりにも店舗チックになるし、そこに取り付けるランプにもよるのでしょうが、結構天井が黒く汚れているのをよく見かけます。

レールの内側自体が電極なので、後々照明を付け替えたり、レール内でスライドできるわけですから、便利だし魅力はありますが・・・。前者にしておきます。

まず電気配線を新たに伸ばして置かないと始まらないのでその作業をします。”電気工事には免許がいるので注意!してくださいね”

天井コンセント.jpg

天井裏にて、4口のコンセントを増設しました。天井裏自体に照明がありませんので、こうすることで天井内でこのコンセントに照明を挿せるので、後々楽です。最終的には安全性を考えると、コンセントの穴むきだしは危険かもしれません。

2008年05月08日

シーリング照明

火災前、照明のON/OFFをひも意外にスイッチでも出来る様、照明本体の根元より天井から柱を伝ってON/OFF用の配線をモールでスイッチまで引っ張っていました。

天井は張替えるので、横引きは天井裏に隠れる予定でした。

大工さんも配線を、天井裏に隠してくれていたのですが・・・
な・なんと言うことでしょう”配線が短かった”の理由で、以前と同じ様に横引きの配線がモールで見える工事をされてしまいました。

中央シーリング.jpg

一言先に言ってくれていれば、押入れの天井に開口があるし、ちゃんと隠せたのに・・・。

しかも、配線を取り出す為か、ソケット部分が不恰好になっています。

シーリングソケット.jpg

で、モールをうまく天井から剥がせれば、屋根裏に隠せるんですが・・。

モール剥がしを試みます

モール剥がし.jpg

・・・無理です。

クロスが一緒に剥がれます。(泣)
両面テープの強さたるや・・・。

ビスのみで付けてくれていたら、まだビス穴のみの補修で、さほど目立たない補修が出来るのですが。

ちょっと今は、目立たない補修方法を思いつきません。

取りあえず、コードが長く結束バンドで止めていたので、コード長の調整をします。

ビニテ加工.jpg

ついでにコードがススで汚れていて、拭いても汚れが落ちなかったので、ビニールテープをまいてみました。

あと気休めですが、ソケットのカバーがコーナンで売られていたので、それを取り付けてみました。

カバー取り付け.jpg

また、時間がある時、何かしら解決策を考えたいと思います。

中央完成?.jpg

2008年05月07日

光ケーブル

既存の壁(土壁の上にペンキ)はススだらけで、消火器の粉の匂いがするのと、焦げ臭い匂いがしていました。保険でまかなえそうだったし、拭くだけ無駄と言うことで、大工さんにすべてリフォームしてもらいました。

が、しかし、いろいろ、不恰好な部分が・・・。
その一つが光ケーブルです。もともと部屋内にモールに入れ壁に留めていましたが、和室の壁を洋室の壁にすべく壁をふかしました。

つまり、私の部屋は真壁から大壁になりました。(ちょっと通ぽい表現でしょ?)

・・・ですので、旧壁と新壁の間に木軸分の空間が有り、その間にケーブルを内臓できるはずです。


エアコンの配管の穴から光ケーブルが垂れ下がった状態です。

エアコン.jpg

内臓して何処から出すか?ですが、ちょうどその真下に3口のコンセントタイプのプレートが有り1つが空いているので、これを利用しようと考えました。

.

でもちょっと厄介です。真下と言ってもきれいにしたにケーブルを落とせるかが・・・。

ケーブルの先はこんな感じです。

光ケーブル.jpg

案の定、ケーブルはきれいに落とせたものの、なかなかハウジングの穴から引っ張り出せません。
人差し指が何とか入り多少余裕があり、ケーブルの先は確認はできたのですが・・・。
そこで、指の先に両面テープを貼りケーブルの先をくっつける、トリモチ作戦を遂行しました。

みごと成功です。

光引っ張り.jpg

下記の様にうまく納まりました。

コンセント納まり.jpg

ちなみに一番上がLAN(1階の電話に接続)二番目がテレビアンテナで、一番下が今回の光ケーブルです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。