2008年07月24日

写真の整理をしていて

写真の整理をしていて思い出した映画があります。

ジェシカ・ラング主演の”ミュージックボックス”と言う映画です。

DVD化されていないので、今見るのは難しいかも?

ストーリーは下記リンクを見て頂くとして、私がこの映画を見て思ったのが、子供は親の過去を知らないという事です。

自分が産まれて、物心ついてからの事しか知らないのです。

当然、親の口からは、昔こうだったと聞かされる事はあると思いますが、実際にはわからないのです。

ラストの方で、ミュージックボックス(オルゴール)から、昔の父親の写真が出てくるシーンを今でも鮮明に覚えています。

強烈なシーンでした。


親子に限らず、人は出会った時からがスタートであり、それ以前の相手の過去はわかりません。

人間は常に今・これから先が重要であり、過去は関係ないと言えばそうなのですが、この映画では、親の過去を探り、過去と向き合わなければならないシュチュエーションです。

怖い映画だったと記憶しています。

ミュージックボックス(1989) - goo 映画


応援して頂くとがんばれます!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 地域生活ブログへ
posted by SUNBURST at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。