2008年05月16日

火事の被害

床が燃えただけなので、さほど被害はなくてよかった。

・・と思っていたのですが、焦げた匂いと消火器の粉の匂いが取れません。

部屋・家財すべてです。

火災直後、自分への戒めを感じつつ、拭き掃除して見たのですが、保険でリフォームできるのだから無駄な労力です。やめました。

リフォーム費用(見積)を保険会社に提出しつつ、実際はリフォームしな・・・と言う、ケチくさい考えも無きにしもあらずでしたが、私の家は元々古く、1階内装・屋根・外壁がすでにリフォーム済みで、2階だけが古いままでした。

私の部屋は和室の6畳で、壁が下がったり、家自体が歪んでいましたし、土壁がボロボロと落ちていて醜い状態でした。

仕方なく、自分で和室の土壁を白いペンキで塗ったりして対応してたんですが、やはり根本的な改善ではありませんでした。

・・保険金を正当に使いリフォームするべき時が来たんです。この流れに逆らうべきではないでしょう。

被害直後少し拭いた天井の写真↓

天井.jpg

左側少し拭いてます。けっこう手が疲れますよ・・・。
(天井もペンキを塗っていました。”水性”)

被害直後少し拭いた壁の写真↓

壁.jpg

中央少し拭いてます。

土壁が落ちきてお困りのは、上から白いペンキを塗るのも悪くないですよ。

土壁は大体、深い緑色とか暗い色が多いでしょ?

壁が白くなるとそれだけで部屋が明るくなります。

照明を蛍光灯で考えているなら、部屋の真ん中に1つ配置すれば、それだけで充分明るいですし、電気代も節約できます。

クロスを貼れたらいいんですが、土壁の上からクロスを直接貼るは厳しいです。
posted by SUNBURST at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 火事の状況記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155829305

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。