2008年06月24日

この人辛いの?

ビデオで何かをしている自分を撮ると、思いっきり自分を客観視できる。

まだましなショットしかUPしていません。

なぜなら見てて辛いから・・・。

「この人しんどそー」

他人に見てもらうなんて考えが、おきない位です。ふらふら

楽しかったらまだいいんですが・・・。

この前はウッドでそこそこフォームが変でも飛んで良かったんですが、昨日からアイアンで打てみて、最悪の状態がつづいています。

昨日は会社に寄った帰りにしたんですが、それは見るにたえませんのでUPはやめときます。



うまい人がちょうど後ろに来てて、ゴルフ未経験に近い後輩?に丁寧に教えてました。

また教え方がうまいんです。

その人曰く「振り子のようにクラブを振る・クラブの重みで球を飛ばす・フラフープをイメージしてその半円運動でクラブを振る」って言ってましたので、それを心がけ、やってみたんですが・・・。

その人すごくやさしくて、ほめ上手「そうそう今の感じ!」なんて言っていました。

その人のショットを見てみると、ほんと振り子のようなんです。

肩くらいの高さまで、右腕・左腕ほとんど曲がっていません。

で、トップで仕方なく右手が曲がる感じのフォームです。

普通なら絶対「うまいですねー」とか話しかけて、」あわよくば教えてもらうんですが、そんな気力も明るさもありません。もうやだ〜(悲しい顔)

私のやっていることは継続すできでしょうか?YESなら”ぽちっ”


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 地域生活ブログへ
posted by SUNBURST at 03:06| Comment(4) | TrackBack(0) | ノンジャンル普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なかなか出来ません!

プチリフォームのネタが無くなった訳ではありませんが、なかなか作業が出来ません。

電気系の工具を使う作業など、騒音で隣近所に迷惑がかかるので、平日は出来ないからです。

日曜の昼間しか無理ですから、この時間を他に事でさかない様に努めたいと思いますが・・・。

なかなか・・です。


ボツにしようと思ってたネタですが、写真がないと寂しいので紹介しておきます。

今大きいゴミは、処分しにくいと思います。

そのままでは捨てにくいが、小さくすればいい訳です。

ビス止めとかで分解できる物や、この前のワゴンのような物ならいいですが、そうでない時はゴム付のハンマーが便利です。

鉄系の物は無理ですが・・・。

ハンマー.jpg

解体.jpg

↑ビデオテープを収める、引き出しタイプラックの側です。

内側からスナップを利かせて叩けば、結構簡単に潰せます。

捨てる訳ですから、うるさい電動のこぎりとか、わざわざ使わないでいいです。

ハンマーがゴム付なので、打った箇所が壊れて飛び散る事もなく、跡片付けも楽です。

・・・んーやっぱりボツネタですな(笑)

次の日曜日更新しまーす。

押していただけると感謝の極みです!


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 地域生活ブログへ

2008年06月22日

小説〔神様〕

ちょっとした。読み物を書きました。
寓話です。


2008年6月末。ゴルフの練習から帰ったSUNBURSTの前に、突然神様が現れました。

SUNBURST 「わっ!」

神様 「私は神だ、ゴルフの事で悩んでるようだが・・」

SUNBURST 「何やねん。急に現れやがって・・・」

神様 「悩んでるのであろう、さあ正直に話しなさい」

SUNBURST 「急に、神様って・・・えー。」

神様 「さあ正直に話しなさい」

SUNBURST 「・・・いや、神様なんやったら、すべてわかってると思うけど、ゴルフをやる理由がよーわからんねん。趣味とか好きな事ってすべて出発点が好きで初めてきたし、少しでも好やったらええんやけど・・・今回は・・・」

神様 「しかし、今日も練習して来た・・・。本当に嫌いなのかい?」

SUNBURST 「まあ、チャレンジするをテーマにすると、やってみようかなと思うんやけど・・・。例えば1年後、やっても無駄じゃなかったと言える自分がおると思うけど、それは自分の行動を否定しない、強がりじゃないかな?って考えてしまうねん。無駄じゃなかたってね」

神様 「時間が無駄になるんじゃないか?と考えているのかい?」

SUNBURST 「いや、仲間がおるから楽しいと思うんやけど、それがゴルフだって言う意味がわからんし、付き合いでながしてしまうと、本当に楽しめるか?ってね、仕事の延長ではしんどい」

神様 「私は神だから、君の未来も見える。私を信じて君の言う1年間、ゴルフを続けてみなさい!きっと得るものがあるはずだ」

SUNBURST 「え!何を得るんですか?教えてくださいよ!」

神様 「それを教えてしまうと、人間は逆にその結果を得られないんだよ・・・。努力しなくなるんだ。すまないが私の見える君の未来、その結果を得る為には教えられないんだ・・・」

SUNBURST 「何やねん・・・。よっしゃ!おもろいやん!やってみるわ!・・・1年後が楽しみやで!」

神様 「・・・1年後、この場所この時間にまた現れよう」


そう言って神様はSUNBURSTの前から消えました。



・・・・・・・1年後。


SUNBURST 「忘れてないで、はよ出て来い」

神様 「どうかね、SUNBURST君、得るものがあった筈だが・・・」

SUNBURST 「そりゃね。でも別にそれがゴルフって必然性は無かったと思う。それ費やした時間、違う事してたらそれで得るものはあったと思うし、あくまでも想像の世界やから比べられへんけど、出発点が好きやったら後悔はしない」

神様 「君がそこまで言うのなら、私は君に謝罪しよう」

SUNBURST 「って言うか、この未来を予測できたんでしょ?」

神様 「・・・君に告白する事がある・・・。とても重要な事なんだ、だから冷静に聞いてほしい」

SUNBURST 「なんや!」

神様 「私は神ではない」

SUNBURST 「・・・えっ!」

神様 「いわば君の心の中にいるもう一人の君なんだ。だから君に私が出来る事と言えば、せいぜい君を励ましたり、後押しする事くらいなんだよ」

SUNBURST 「未来もわからんってか?・・・意味ねー。そんなの人間でもできるやん。そんなんやったらいろんな人が助言してくれたし・・・。俺はあんたを信用して・・・」

神様 「でも、一つ考えてほしいんだ、君はさっき”出発点が好きやったら後悔はしない”と言ったがそれこそが強がりでは無いか?って事を・・・」

しばし沈黙・・・。

SUNBURST 「・・・まあ、そかもしれんけど」

神様 「この意味を理解するのは難しい。説明もしかりだ。私は神ではない、もう一人の君だ。・・・もし必要とするなら、また現れよう・・・。私は君の心の奥に存在するから・・・」


そう言って神様は、再びSUNBURSTの前から、消えてしまいました。


SUNBURST 「・・・やっぱり神様なんていないんや・・・」


・・・・神様はいませんでした。・・・でも本当にそうでしょうか?

いないとすれば、SUNBURSTが気づいていない重大な事があります。

なぜSUNBURSTは、途中でゴルフを止めなかったのでしょうか?

神を信じたから?・・・いいえ違います。

でもSUNBURSTその答えを見つけるのに、そう長くはかからないのかもしれませんね。

2009年夏。ゴルフをネタに笑顔で話す、SUNBURSTがそこにはいました。



押していただけると小説カテゴリーが出来るかもです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


にほんブログ村 地域生活ブログへ
posted by SUNBURST at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンジャンル普通の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。