2008年05月08日

シーリング照明

火災前、照明のON/OFFをひも意外にスイッチでも出来る様、照明本体の根元より天井から柱を伝ってON/OFF用の配線をモールでスイッチまで引っ張っていました。

天井は張替えるので、横引きは天井裏に隠れる予定でした。

大工さんも配線を、天井裏に隠してくれていたのですが・・・
な・なんと言うことでしょう”配線が短かった”の理由で、以前と同じ様に横引きの配線がモールで見える工事をされてしまいました。

中央シーリング.jpg

一言先に言ってくれていれば、押入れの天井に開口があるし、ちゃんと隠せたのに・・・。

しかも、配線を取り出す為か、ソケット部分が不恰好になっています。

シーリングソケット.jpg

で、モールをうまく天井から剥がせれば、屋根裏に隠せるんですが・・。

モール剥がしを試みます

モール剥がし.jpg

・・・無理です。

クロスが一緒に剥がれます。(泣)
両面テープの強さたるや・・・。

ビスのみで付けてくれていたら、まだビス穴のみの補修で、さほど目立たない補修が出来るのですが。

ちょっと今は、目立たない補修方法を思いつきません。

取りあえず、コードが長く結束バンドで止めていたので、コード長の調整をします。

ビニテ加工.jpg

ついでにコードがススで汚れていて、拭いても汚れが落ちなかったので、ビニールテープをまいてみました。

あと気休めですが、ソケットのカバーがコーナンで売られていたので、それを取り付けてみました。

カバー取り付け.jpg

また、時間がある時、何かしら解決策を考えたいと思います。

中央完成?.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。