2008年05月07日

光ケーブル

既存の壁(土壁の上にペンキ)はススだらけで、消火器の粉の匂いがするのと、焦げ臭い匂いがしていました。保険でまかなえそうだったし、拭くだけ無駄と言うことで、大工さんにすべてリフォームしてもらいました。

が、しかし、いろいろ、不恰好な部分が・・・。
その一つが光ケーブルです。もともと部屋内にモールに入れ壁に留めていましたが、和室の壁を洋室の壁にすべく壁をふかしました。

つまり、私の部屋は真壁から大壁になりました。(ちょっと通ぽい表現でしょ?)

・・・ですので、旧壁と新壁の間に木軸分の空間が有り、その間にケーブルを内臓できるはずです。


エアコンの配管の穴から光ケーブルが垂れ下がった状態です。

エアコン.jpg

内臓して何処から出すか?ですが、ちょうどその真下に3口のコンセントタイプのプレートが有り1つが空いているので、これを利用しようと考えました。

.

でもちょっと厄介です。真下と言ってもきれいにしたにケーブルを落とせるかが・・・。

ケーブルの先はこんな感じです。

光ケーブル.jpg

案の定、ケーブルはきれいに落とせたものの、なかなかハウジングの穴から引っ張り出せません。
人差し指が何とか入り多少余裕があり、ケーブルの先は確認はできたのですが・・・。
そこで、指の先に両面テープを貼りケーブルの先をくっつける、トリモチ作戦を遂行しました。

みごと成功です。

光引っ張り.jpg

下記の様にうまく納まりました。

コンセント納まり.jpg

ちなみに一番上がLAN(1階の電話に接続)二番目がテレビアンテナで、一番下が今回の光ケーブルです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。